医療脱毛のアドバイスや回答はクリニックで全て聞ける!

医療脱毛を一押しする理由は医療資格の所有者が対応してくれるので、エステ以上の効果を期待できることです。

クリニックとサロンを混同している方は多いですが、クリニックとは医療機関を意味します。
正確にいえば大規模な病院ではなく、規模のそれほど大きくない医院のことです。

脱毛におけるアドバイスや回答を得られますし、普段のスキンケアについても教えてくれます。
脱毛期間中は肌荒れを予防する必要があり、肌を落ち着かせることで脱毛回数を減らすことができるわけです。処理回数を増やさないためにはマシンの出力を大きくするのが一番で、そのためには肌が弱っていてはいけません。

乾燥肌や敏感肌は好ましくないので、普段から乾燥しやすい部位を中心に保湿ケアを徹底してください。夏場は紫外線による日焼けが問題ですが、冬場も肌乾燥を招きやすいです。
具体的な対策はクリニックで聞けますし、公式WEBサイトを閲覧してチェックをするのもよいでしょう。

更新日をこまめにチェックして脱毛に関する知識を身につけておきましょう。脱毛症例を写真で紹介しているサイトなら脱毛前後でどの程度減毛するのかわかります。

VIOラインなら断然レーザー脱毛の照射がおすすめなワケ

VIOラインは全身部位の中でも最も脱毛処理が難しいとも言われています。昔はVIOと顔は避けるエステサロンが多かったことを知っているはずです。
現在は低出力のマシンが普及したことで全身に対応していますが、クリニックのVIO脱毛の効果にはかないません。

医療レーザーを使用しているので、毛乳頭を破壊してムダ毛が再び生えてくるのを抑えるのです。
エステで使用する光脱毛もムダ毛を弱らせることは可能ですが、レーザーの効果には遠く及びません。

昔はエステでもレーザーを使用している店がありましたが、現在はすべて禁止されています。取扱が難しいマシンですから医療資格の所有者しか扱えないわけです。
事前に肌状態をチェックしてから出力調整をしていく必要があり、肌トラブルが起こらない程度に出力を限界まで上げていくのがコツです。

出力を弱くするほど肌トラブルの発生率は低くなりますが、それでは効果を期待できません
特にVIOのムダ毛は頑固で減りにくいので、いかに出力を上げていくかがポイントとなります。

それでも他の部位と比較して2倍程度の回数にはなり、完了まで9~12回程度はかかると考えておくのが無難です。